読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろいしんぶろぐ

乱数調整とか

とっぷきじ

主にポケモン第5世代乱数調整のことを書いていきます。

ちょっぴり難しいのは仕様です。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクお待ちしてます。

 

 乱数調整についてはまずこれを見て理解することからはじめましょう

乱数調整概論 

 

確率計算

├ ちいさくなるピクシーvsメガゲンガー

└ いばるとみがわりで身代わりが残せる確率の計算

 

 6世代孵化仕様

├ ポケモンXY国際孵化の色判定について 

├ XY孵化検証の続き

└ ORAS色固定

 

野生乱数

├ ホワイトフォレスト野生乱数

├ Lv.1ギャラドス

├ おまじないパワー併用野生乱数

└ おまじないパワー併用野生乱数 実践編

 

その他謎乱数

 HGSS捕獲乱数

├ 6文字NN色ボルトロス

├ ペラップ乱数

├ 戦闘乱数

├ 黒服乱数

├ ババジジ乱数

├ 自販機乱数

  ├ エメラルド自販機乱数

  ├ プラチナ自販機乱数

  └ BW自販機乱数

├ 大量発生発生乱数

├ 徘徊済みボルトロス乱数調整

└ アララギチラーミィの色乱数

 

ツール

pokecal

白森乱数用ツール

RS野生用ツール

RSいわくだき用ツール

 

乱数のリクエストとかあればやってみるかもしれません

数字でポケモンを考える その2

雑記

まさかその2があるとは思わなかった

 

今回は攻撃編

前回の記事で紹介した防御の数値を相手が採用した場合に,切り捨てが少なくなる攻撃側の数値を探してみる

 

続きを読む

数字でポケモンを考える その1

雑記

ポケモン対戦を数字で考えてみる

 

ポケモンを育成するときに重要なのは,努力値の割り振りを考えて火力調整や耐久調整を施すこと

最終的なステータスの決め方は16n-1調整とか11n調整とか○○の××耐えとか色々あるけれど,今回はその中の一つである,

「防御側のステータスを素数にしておくと,ダメージ計算で切り捨てが発生しやすく得しやすい」

というオカルトについて考えてみる

 

続きを読む

203ガルーラの反動ダメージについて

雑記

日付があれですが、多分本当のことを書きます。

2月末ごろに話題になっていた、親子愛グロウパンチでHP213になったゴツメクレセリアに捨て身タックルを撃つ203メガガルーラの話です。
ゴツメダメージ×4と反動ダメージを合計すると
33×4+(213/3)=203 となって一見HP203のガルーラは倒れるように思えます。
しかし実際の反動ダメージは70になって、ガルーラは必ずHP1で生存する、という現象が報告されていました。

反動ダメージが与えたダメージの1/3より小さくなることは第5世代から既に報告されていましたが
【乱数調整】A連打で行こう【バトルサブウェイ】 ‐ ニコニコ動画:GINZA
そのメカニズムは明らかにされていませんでした。

以上のような背景もあり、例のごとく怖い人(@AD_VLF)に調べろやゴルァと脅されたので震えながら調べました。


その結果、捨て身タックル等の反動ダメージは"1/3"ではなく、"33%"だということがわかりました。
正確な計算方法としては
第五世代,第六世代:反動ダメージ=与ダメージ×0.33 (四捨五入)
という式になりそうです。
この式で計算すると、与えたダメージが213のとき
213×0.33=70.29→70
となって実際の反動ダメージと同じ値になっています。


確証を得るために前述の動画中で確認されたダメージについて計算してみても、全て計算式通りの結果となりました。
動画中で疑問視されている値の一つであるホエルオーに対する反動も
277×0.33=91.41→91となって正しい反動ダメージが計算されていることが確認されました。

ということで捨て身ガルーラや捨て身マンダを使う人は是非参考にしてみてください。


ついでにその他諸説との比較

与ダメージ 反動ダメージ ×0.33四捨五入 ÷3切り捨て ×0.333切り捨て
150 50 49.5 → 50 50 49.95 → 49
153 50 50.49 → 50 51 50.949 → 50
213 70 70.29 → 70 71 70.929 → 70
214 71 70.62 → 71 71.333 → 71 71.262 → 71 
256 84 84.48 → 84 85.333 → 85 85.248 → 85

mizdraさんが第3世代以降の反動を調べてくれました。
mizdra.hatenablog.com